このエラーをバグとして報告してください。

アクセスカウンタ

zoom RSS SOMA RunONE300、電池交換

<<   作成日時 : 2017/03/11 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

明日、サンスポ古河はなももマラソンに出場します。

二年連続、二回目。実は、前回参加の印象があまりよくないレースです。

さて、どうなりますことやら…。


その前に、不吉?かどうかわかりませんが、SOMAの時計がバッテリー切れ。

その兆候はたびたび出てきたのですが、だましだまし使っていました。

しかしながら、流石に限界が近いか、と悟り(大袈裟な…)、電池交換を決意。


思えば、購入後、もう4年が過ぎてしまったのですから、よく頑張った。


こんなつまらない記事でも、ブログにアップしておいてよかった。

読み返せば、Nikeのウォッチは一応、ビックカメラで電池交換。でも、防水テストせず。

で、壊れた…。


防水テストまですると、新品が買える、とまではいいませんが、それなりの出費になりそうですし、その間、手元にランニング用の時計がないのは不便。

ですので、自分で交換します。

やり方は簡単。


これを…

画像


裏返して…

画像


裏蓋を止めてある4本のボルトを精密ドライバーで取り外します。

画像


ボルトの長さ、種類はすべて同じもののようなので、扱いに慎重になる必要はなさそう。


ここで、赤い四角で囲んだ溝に、待ち針などの細い金属を突っ込みこじり上げると、電池カバーが取れます。

黄色い丸で囲んだ部分、小さなスプリングがありますので無くさないようにしましょう。

画像


取り外したボタン電池、CR1620はパナソニック製ですが、予算の関係上(笑)交換品は日立マクセル製を。

画像


これを逆の手順でサクサクっと(ウソ、結構手元がもたつきました…)組み立てれば動作確認までできます。

画像


裏蓋。きれいに掃除しておきましょう。

画像


パッキン、というか、ガスケット、というか…。

ゴム部品なので、劣化が心配ですし、交換が前提ですが、部品も手元にない(調達できるかもわからない)ので再利用します。

但し、シリコングリスを薄く塗布して、裏蓋の接触部分も同様に。

はい、完成。

画像


時刻合わせ等等済ませましたので、明日も宜しくお願いしますよ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SOMA RunONE300、電池交換 このエラーをバグとして報告してください。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる