このエラーをバグとして報告してください。

アクセスカウンタ

zoom RSS 第36回 佐倉朝日健康マラソン

<<   作成日時 : 2017/03/26 16:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

会場に到着したときは未だ、ポツリ、ポツリと降っていた程度でした。

画像


佐倉、といえば、ねぇ。

二人のオリンピックメダリストと、小出義雄監督ですね。


でもこんな余裕はスタートするまで。


道中、それから、ゴール後、とにかく寒くて、寒くて、大変でした・・・。


出場した選手の方々もそうですけど、ボランティアの方々や応援に来られた方々も大変だったと思います。

ボランティアの方々、沿道の方々にはこの場をお借りしてお礼申し上げます。
(なんだかトップアスリートみたいですけど・・・)


さて、流石に36回とも回数を数えていると、こなれ方が違いますね。

フルマラソンは6,000人規模で、ごったがえす、というような印象は殆ど無し。

混雑しているなぁ、と感じたのは200円を支払って預かっていただく荷物預けの受付ぐらいでしょうか。


陸上競技場も、他の大会では芝生分は利用禁止にされていることなどが多いのですが、全面的に開放されていて、ゆったりとストレッチや、アップを皆さんこなしてましたね。


スタート場所も整然としており、いつも感じるようなサバ読みさんの存在も感じません。

自己申告で、且つ事前にゼッケンで分けられているわけではないので、ある意味自由にスタート地点を選べます。

私も、目標タイム3時間から3時間30分、となっている場所を選んでおとなしく9時30分を待っていました。


しかし、本当に皆さん、きちんと申告タイムを守っておられるようで、スタートはスムーズそのもの。

というか、はっきり言うと、今回は私自身が若干、サバ読みさんになってしまいまして・・・。

皆さん、速い速い。

置石にならないように、できる限り周りのペースに合わせて進みました。


実は、この時、心の中では、「このペースだと結構なランナーが後半、落ちてくるんじゃないかな」と思っていましたが・・・。


タイムは以下。


0km〜5km:24分44秒29
5km〜10km:23分57秒01
10km〜15km:24分16秒13
15km〜20km:23分51秒21
20km〜21.0975km:5分20秒09
21.0975km〜25km:18分59秒09
25km〜30km:24分41秒76
30km〜35km:25分41秒23
35km〜40km:25分24秒20
40km〜42.195km:11分02秒92

Total:3時間27分57秒93


今回の四週間連続マラソンではもっともバランスよく走ることができたかな、とタイムから見ても思います。

前述のとおりですが、スタートからペースが速い、と感じたとおりで、5kmを25分切って入ってます。


正直このときは不安でした。

雨も少し強くなってきて、ますます強くなる予感と、かなり田舎の田園風景を走ることから、風を強く感じます。

且つ、15kmから20kmの間に一つ大きなアップダウンがあるので、できれば20kmまでは抑えて走りたかった。


なので、20kmを越えたあたりでタイムが比較的堅調だったので、最後はまた、脚が止まるなぁ、と思っていました。


実際、30kmを過ぎると5kmで1分程度遅れているので、脚にはきていたと思います。

ただ、スタート時に感じていたものとは異なり、皆さんやはりきちんと自己申告したタイムで走りきれる実力者ぞろいだったようで、想定したほど先行したランナーが落ちてこない!

歩いているランナーもそんなに多くない!!

なので、周りのランナーにある程度合わせてついていくことで、スピードの落ちを最小限にとどめられたようです。


また、風が強く、雨もゴール直前までは降り続き、体が冷え切っていたことも気持ちの面でプラスに働いたと思います。

というのも、あまりに寒すぎて、一旦止まったら、低体温症になるのではなかろうか、という恐怖心。

一応、普通の会社員なので、明日も仕事があり、筋肉痛程度ならともかく、深いダメージを体に負うわけにはいかないわけで、必然、体を動かし続けなければ!というメンタルになれたのだと思います。


ゴール手前の300m程度の坂は、予備知識としては持っていましたけど、さすがに堪えましたけどね・・・。


この大会、なんというか、私が最初に走った30年近く前の大会の雰囲気が残っています。

今でこそ、都心部や市街地で行われるレースが増えてきましたが、昔は代替、田園風景や、山間部を走るレースが大半だったので、懐かしさを感じました。

田舎の香水の臭い、などなど(笑)


運営は前述のとおり、こなれていますし、ランナーのマナーもなんとなくですが全体的にはいいような気がします。

こんなものも配布されてましたけど・・・。

画像


ボランティアには本当に小学生もいて、驚きました!

私が小・中・高校生の頃なら、正直、貴重な日曜日をこんなオジサン(達)のために使いたくないですから、絶対にやらない、もしくは、イヤイヤやらされている感満載の雰囲気で、仏頂面していたと思います。

そんなことを微塵も感じさせることなく、受付、手荷物預かり、給水・給食、誘導などをテキパキとこなす姿には本当に頭が下がりました。


もし運営に一つ改善を要求するとするなら、ペースメーカーでしょうか。

結構細かな時間単位でペースメーカーが配置されているのですが、スタートからゴールまで、一度もペースメーカーらしきランナーを見つけられませんでした。

もしかすると見落としたのかもしれませんが、やはり、ペースメーカーについて自分のペースを作る人もいると思いますので、もう少し分かりやすい服装や、目印を入れて、目立つようにしたほうがいいと思います。

実際、ペースメーカーが配置されていた、アクアラインマラソンでは、ペースメーカーの後ろにランナーが団子の用に連なって走っているぐらい、その存在感は目立っていましたからね。


帰りには、体が冷えたこともあり、『佐倉天然温泉 澄流』という温泉施設を利用しました。

徒歩だと移動距離があるため難しいのですが、車やタクシーなどを利用できるなら、リフレッシュを兼ねて利用することをオススメします。

この日はそれほど混雑せず、比較的ゆったりと利用できました。


さて、この後はしばらく休養期間になります。

総括すると、四週間連続マラソンそのものはそれほど体にダメージを与えませんでしたが、精神的にはきつかったですね。

毎週末、レースがあるとなると、なかなか気持ちが落ち着かないものです。

食事なども一定の気を遣いますしね・・・。


ちょっとほっとしている、というのが今現在の偽らざる心境です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第36回 佐倉朝日健康マラソン このエラーをバグとして報告してください。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる